ニュース

西日本の太平洋側で大雨恐れ 全国的に高温、熱中症警戒を

2021/7/16 19:00
 気象庁の庁舎

 気象庁の庁舎

 西日本の太平洋側を中心に18日にかけ非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は16日、土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。一方、全国的に気温が高くなるため熱中症への警戒も必要としている。

 気象庁によると、西日本の上空約6千メートルに、氷点下6度以下の寒気が流入。また、太平洋側を中心に暖かく湿った空気も流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっている。落雷や竜巻、ひょうにも注意が必要だ。

 17日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い場所で四国250ミリ、九州北部200ミリ、九州南部180ミリ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ノーベル賞の本庶佑氏、9月出廷 (7/30)

     ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑京都大特別教授が、がん免疫治療薬「オプジーボ」の特許収入約262億円の支払いを製造元の小野薬品工業(大阪市)に求めた訴訟の弁論準備手続きが30日、大阪地裁(谷有恒...

  • 業過致死疑い3人書類送検、大阪 (7/30)

     大阪府泉佐野市の府道で4月、運搬作業中のフォークリフトに近くの無職伊藤理恵さん(47)がはねられ死亡した事故があり、大阪府警は30日、必要な安全対策を怠ったとして、業務上過失致死の疑いで、金属加工会...

  • 五輪車両の事故・違反、70件超 (7/30)

     東京五輪・パラリンピックの大会関係者の車両が絡む事故や交通違反が、開会式のあった23日から29日までの1週間に、東京都内で70件余り起きていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。いずれも軽微...

  • 外為法違反、起訴取り消し (7/30)

     生物兵器の製造に転用可能な噴霧乾燥装置「スプレードライヤ」を不正輸出したとして、外為法違反(無許可輸出)などの罪に問われた機械製造会社「大川原化工機」(横浜市都筑区)の社長(72)ら2人について、東...

  • 事故直前に4軒はしご酒、大阪 (7/30)

     大阪市中央区で今月10日に郵便局員が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)容疑などで逮捕された会社員直江潤容疑者(41)=堺市西区=が、事故直前までの約10時間...

 あなたにおすすめの記事