ニュース

雇用調整金なしで失業率5・5% 2・6ポイント抑制効果と推計

2021/7/16 10:33
 完全失業率の推移と雇用調整助成金がない場合の推計イメージ

 完全失業率の推移と雇用調整助成金がない場合の推計イメージ

 厚生労働省は16日、2021年版の労働経済白書を公表した。新型コロナウイルス感染拡大により雇用が悪影響を受けたとする一方、雇用調整助成金(雇調金)などの効果により、完全失業率は2・6ポイント程度抑制されたとの推計を示した。雇調金がなかった場合、失業率は5・5%に上昇した可能性があるとしている。

 雇調金は、企業が従業員に支払う休業手当の一部を補填し、雇用維持を促す仕組み。政府は昨年から特例的に拡充し、コロナ禍による急激な雇用悪化を防いでいるが、雇用保険財政は限界に近づいており財源確保が課題になっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 定年制「必要」56・2% (7/27)

     定年の延長や廃止の動きが広がる中、全国の20〜60代の男女1100人に定年制の要否を尋ねたところ、必要とした割合は56・2%だったことが27日、民間調査で分かった。「若い世代への交代」のため必要だと...

  • 東証続伸、136円高 (7/27)

     27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比136円93銭高の2万7970円22銭。朝方は前日の米国株式市場が値上がりした流れを受けて買い注文が先行した。一方で、中国当局が...

  • 為替相場  27日(日本時間16時) (7/27)

    16時現在           1ドル=             110円12銭〜          110円17銭    前日比  +0円08銭   1ユーロ=            129円84銭...

  • 東京株式 27日終値      (7/27)

    <225種>          27970円22銭      前日比 +136円93銭  <TOPIX>         1938.04        前日比 +12.42    

  • 東証、午前終値2万7932円 (7/27)

     27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。上げ幅は一時200円を超え、節目の2万8000円台を回復する場面もあった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた米国企業の業績が立ち直...