ニュース

東証、午前終値は2万7974円 感染拡大懸念、一時400円超安

2021/7/16 11:57

 16日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。下げ幅は一時400円を超え、節目の2万8000円を割り込む場面があった。東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が増加し、経済正常化が遠のくと懸念された。

 午前終値は前日終値比304円37銭安の2万7974円72銭。東証株価指数(TOPIX)は5・08ポイント安の1934・53。

 東京都では15日のコロナ新規感染者が1308人に上った。東京五輪開催を控え、改めて感染拡大が意識された。酒類提供停止を巡る政府の対応の混乱や、ワクチン供給不足への不安から政権の求心力低下が懸念されたことも悪材料だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、110円台半ば (7/26)

     連休明け26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。 午前10時現在は連休前の21日と比べ37銭円安ドル高の1ドル=110円45〜49銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1...

  • 東京株式 26日10時     (7/26)

    <225種>          27988円73銭      前日比 +440円73銭  <TOPIX>         1933.50        前日比 +29.09    

  • 為替相場  26日(日本時間10時) (7/26)

    10時現在           1ドル=             110円45銭〜          110円49銭    前日比  −0円37銭   1ユーロ=            129円96銭...

  • 東証、465円高 (7/26)

     連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、連休前21日の終値と比べ465円00銭高の2万8013円00銭となった。

  • 24日人出、8割弱の地点で減少 (7/24)

     NTTドコモがまとめた24日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち8割弱の73地点で前週土曜の17日から減った。24日から五輪の競技が本格化し、自宅などでテレビ観戦する人が多かっ...