ニュース

NY株、続伸 

2021/7/17 0:06

 【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まったが、その後売りに押されて下落した。午前10時半現在は、前日比118・85ドル安の3万4868・17ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は25・37ポイント安の1万4517・76。

 朝方発表された6月の米小売売上高が前月比で増加となったことから、景気回復の加速を期待した買いが先行した。しかし、別の景気関連指標が市場予想を下回ったことで、売り圧力が強まった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証反落、終値139円銭安 (8/3)

     3日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。日本や欧米、アジアでの新型コロナウイルス変異株による感染拡大が、経済再生の足かせとなるとの見方から売り注文が広がった。 終値は前日比139円1...

  • 東京株式  3日終値      (8/3)

    <225種>          27641円83銭      前日比 −139円19銭  <TOPIX>         1931.14        前日比 −08.91    

  • 為替相場   3日(日本時間15時) (8/3)

    15時現在           1ドル=             109円18銭〜          109円19銭    前日比  +0円48銭   1ユーロ=            129円66銭...

  • 景気判断、3地域引き上げ (8/3)

     財務省は3日の全国財務局長会議に7月の経済情勢報告を示し、全11地域のうち東北、東海、近畿の景気判断を前回4月から引き上げた。半導体製造装置などの生産が持ち直していることや、新型コロナウイルスのワク...

  • 農産物輸出、最高の5千億円超 (8/3)

     農林水産省は3日、2021年上半期(1〜6月)の農林水産物・食品の輸出額が前年同期比30・8%増の5407億円と過去最高になったと発表した。1品目20万円以下の少額貨物も含めると、総額は31・6%増...

 あなたにおすすめの記事