ニュース

手を上げて横断、全国指導へ 死亡事故最多の歩行者、安全促す

2021/7/17 21:21
 手上げ横断指導の実施状況

 手上げ横断指導の実施状況

 信号がない場所での横断について、全国の警察が全世代を対象に手を上げて渡るよう交通安全教室などで指導し、歩行者の事故防止を図ることが17日、47都道府県警への取材で分かった。警察庁が4月、道交法に基づき交通マナーをまとめた「交通の方法に関する教則」を改正し、歩行者の心得として「手上げ横断」を43年ぶりに復活させたことから、全国一律での動きとなった。

 政府も3月の交通安全基本計画で歩行者の安全確保を「重視すべき視点」としている。死亡事故の中では歩行中が最多で、6月には千葉県八街市で下校中の小学生5人が大型トラックにはねられ死傷した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 起訴取り消し「謝罪ない」と批判 (8/2)

     生物兵器の製造に転用可能な噴霧乾燥装置を不正輸出したとして、外為法違反(無許可輸出)などの罪に問われ、初公判直前に起訴を取り消された機械製造会社「大川原化工機」(横浜市都筑区)の大川原正明社長(72...

  • 原爆の日の黙とう、呼び掛けない (8/2)

     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に、広島原爆の日の8月6日に選手らに黙とうを呼び掛けるよう要請していた広島市は2日、バッハ氏から呼び掛ける方針はないとの返答を受け取ったと明らかにした。 ...

  • 「飼い猫に火」は起訴相当、大阪 (8/2)

     大阪第3検察審査会は2日までに、飼い猫に火を付けたとされる男性を不起訴(起訴猶予)とした大阪地検の処分を不当とし「起訴相当」と議決した。7月14日付。議決書はストレス解消との動機は身勝手と指摘。動物...

  • 諫早「開門余地なら和解拒否」 (8/2)

     国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門を開けるよう命じた確定判決が有効か無効かが争われた訴訟の差し戻し控訴審で、国は2日までに、和解での解決を提案した福岡高裁に対し「開門の余地を残した和解協...

  • 「黒い雨」原告に被爆者手帳交付 (8/2)

     広島原爆による「黒い雨」訴訟の原告勝訴確定を受け、広島市は2日、市内の原告53人への被爆者健康手帳交付を始めた。市役所で1番に手帳を受け取った原告団長の高野正明さん(83)は「長年の希望だった。努力...

 あなたにおすすめの記事