ニュース

首都高、千円上乗せ開始 五輪・パラ期間の混雑緩和

2021/7/19 0:00
 首都高のロードプライシング

 首都高のロードプライシング

 東京五輪・パラリンピック期間中の混雑を緩和するため、首都高速道路の通行料金を時間帯によって変える「ロードプライシング」が19日から始まった。午前6時〜午後10時は自家用車に千円上乗せする一方、午前0〜4時は全ての車を半額にする。実施期間は19日〜8月9日と、8月24日〜9月5日の計35日。

 首都高は日常的に渋滞が起きていることから、日中を中心に値上げして交通量を抑え、大会関係者が競技場や選手村などをスムーズに行き来できるようにする。

 千円上乗せの対象は、都内区間を走る自家用の普通車や軽自動車、二輪車。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 登山の男女3人遭難か (8/3)

     2日午後6時25分ごろ、山形、新潟両県にまたがる朝日連峰に登山に出掛けた60〜70代の男女3人が戻らないと、宿泊予定だった山形県小国町の民宿から小国署に通報があった。3人とは連絡が取れておらず、同署...

  • 川に落とされたか、男性死亡 (8/2)

     2日午後8時20分ごろ、大阪市中央区の繁華街・ミナミにある道頓堀川そばの歩道で「外国人男性が川に転落したようだ」と通行人の女性から110番があった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。若い男とけん...

  • 首都高外壁接触後、2台に追突 (8/2)

     東京都内の首都高速道路で1日夕、東京五輪のボランティアの50代男性が運転する大会関係車両が車2台に衝突し、そのまま走り去った事故で、車両が衝突直前に外壁に接触していたことが2日、警視庁への取材で分か...

  • 園児死亡バス運行マニュアルなし (8/2)

     福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バス内に取り残され、熱中症で死亡した事件で、保育園がバス運行時の安全対策などを定めたマニュアルを作成していなかったことが2日、関係者への取材で...

  • 熱海の盛り土、賠償請求を検討 (8/2)

     静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で被災した住民が2日、市内で記者会見し、崩落した起点の盛り土を巡り県や市、土地の所有者らに対し損害賠償の請求を検討していると明らかにした。3日で発生から1カ月。22人...

 あなたにおすすめの記事