ニュース

奄美沖で海自哨戒ヘリ同士が接触 訓練中、けが人なし

2021/7/19 15:57

 海上自衛隊は19日、鹿児島県・奄美大島の東約300キロの海上で18日午後10時20分ごろ、護衛艦「きりさめ」と「かが」が搭載したSH60哨戒ヘリコプター同士が訓練中に接触する事故があったと発表した。いずれも4人が搭乗していたがけがはなかった。2機は事故後、護衛艦にそのまま着艦した。海自は原因究明と再発防止のため、事故調査委員会を設置した。

 海自によると、互いのメインローターのブレード(羽根)が1枚ずつ損傷しており、ブレード同士がぶつかった可能性がある。当時の天候は悪くなかったという。

 SH60は、日本周辺を航行する潜水艦の警戒監視を主な任務とする。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 朝鮮学校の無償化、敗訴確定 (7/29)

     朝鮮学校を高校無償化の対象外にした処分は違法だとして、広島朝鮮初中高級学校の運営法人と元生徒109人が処分の取り消しや計約5600万円の損害賠償を国に求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(林道晴裁判長)は...

  • 競泳の大橋選手に市民最高栄誉賞 (7/29)

     滋賀県彦根市は29日、同市出身で東京五輪の競泳女子400メートル個人メドレーと200メートル個人メドレーで金メダルを取った大橋悠依(25)に「市民最高栄誉賞」を授与すると発表した。 市はスポーツや文...

  • 逃亡支援の米親子、実刑確定 (7/29)

     日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告(67)のレバノン逃亡を支援したとして、犯人隠避罪に問われた米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー被告(60)と息子のピーター・テイラー被告(28...

  • 五輪のぼり旗50本近く盗難か (7/29)

     東京五輪自転車ロードレースの会場となった山梨県道志村で、コース沿いに設置されていたのぼり旗30〜50本近くがなくなっていることが29日、村への取材で分かった。のぼり旗は「TOKYO2020」のロゴが...

  • 東・北日本で大雨恐れ (7/29)

     低気圧や寒気の影響で、東日本と北日本では30日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は29日、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。落雷や突風、ひょうに...

 あなたにおすすめの記事