ニュース

子ども無国籍7割が「資料不足」 入管庁、理由を初調査

2021/7/20 12:05

 出入国在留管理庁は20日、日本在住の外国人が出産後、子どもを無国籍のままとしているケースについて、その理由を初めて調べた結果を公表した。「国籍を立証する資料が不足していた」が最も多く、76・1%を占めた。入管庁は「何が必要なのかを丁寧に案内したい」としている。

 2015〜19年に把握できた無国籍者は500〜600人台で推移。今回、16〜20年に生まれた305人を調査対象とした。

 外国人が日本で出産すると、本国の大使館など在日公館で出生登録し、子どもに国籍を与える仕組みを採用する国が多い。パスポートや婚姻証明書のコピーなどの資料を提出する必要がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 台風8号、本州方面へ (7/26)

     台風8号は26日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろに東北から東日本に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は大雨による土砂災害のほか、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を...

  • 母親「美帆に会いたい」、相模原 (7/26)

     相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、45人が殺傷された事件は26日、発生から5年を迎えた。事件で娘の美帆さん=当時(19)=を亡くした母親は、代理人弁護士を通じ「美帆に会い...

  • 体長約2メートルのイグアナ不明 (7/26)

     25日午後2時10分ごろ、埼玉県川越市の20代女性から、飼っているイグアナが所在不明になっていると110番があった。体長は約2メートルという。県警は、人を襲うなどの危険性は少ないとしているが、「付近...

  • 台風8号、27日ごろ本州接近へ (7/26)

     大型の台風8号は25日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろには東日本から東北に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛け...

  • 雑木林に56歳女性遺体、奈良 (7/25)

     奈良県警は25日、奈良市中町の雑木林で23日に同県大和郡山市小泉町の介護職員笹岡順子さん(56)の遺体が見つかったと明らかにした。県警は25日、死体遺棄事件として捜査本部を設置。殺害された可能性もあ...