ニュース

埼玉の大規模接種休止へ 知事、国を痛烈に批判

2021/7/20 18:06
 4月、記者団の取材に答える埼玉県の大野元裕知事=埼玉県庁

 4月、記者団の取材に答える埼玉県の大野元裕知事=埼玉県庁

 埼玉県は20日、さいたま市で実施中の新型コロナウイルスワクチン大規模接種を8月1〜15日、休止すると発表した。同期間分のワクチンを配送できないと政府から連絡があったといい、大野元裕知事は記者会見で「国のガバナンスが失われている。あきれて言葉もない」と批判した。

 県によると、休止するのはさいたま市の合同庁舎での大規模接種。政府から19日、米モデルナ製ワクチン1万4千回分を配送できないと連絡があった。理由の説明はなかったという。

 県は8月から、生活に必須の業務を担うエッセンシャルワーカー向けの接種を始める予定だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 「環境に優しい五輪」支える (8/4)

     ENEOS(エネオス)や東京ガスなどが東京五輪・パラリンピックの会場運営などで活躍している。燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さない水素や、脱炭素の電気・ガスを供給し、世界的に地球温暖化防止の機運が...

  • 選手村で初「クラスター」 (8/4)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、ギリシャのアーティスティックスイミングの選手4人と関係者1人が新型コロナウイルス検査で陽性が確認されたと発表し、高谷正哲スポークスパーソンは「クラスター(感...

  • レムデシビルの保険適用承認 (8/4)

     中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は4日、新型コロナウイルス感染症の国内初の治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」の保険適用を承認した。新型コロナは指定感染症のた...

  • 五輪関連、29人が陽性 (8/4)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、大会関連で、選手4人を含む29人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。大会関連の陽性者は7月1日以降で累計327人となり、初めて300人を...

  • 温暖化対策計画の修正案を提示 (8/4)

     政府は4日、2030年度に温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する目標の実現に向けた、地球温暖化対策計画の修正案を環境省と経済産業省の審議会の合同会合に示した。30年度にエネルギー由来の二酸化炭...

 あなたにおすすめの記事