ニュース

空自スクランブル、通算3万回に 対中国急増、ペース加速

2021/7/20 19:42
 サイレンが鳴り響くなか、F15戦闘機の操縦席に駆け込むパイロット=2015年、航空自衛隊那覇基地

 サイレンが鳴り響くなか、F15戦闘機の操縦席に駆け込むパイロット=2015年、航空自衛隊那覇基地

 防衛省統合幕僚監部は20日、領空侵犯の恐れがある外国機に対する航空自衛隊の戦闘機による緊急発進(スクランブル)が、1958年の任務開始以来、通算3万回に達したと発表した。19日に記録した。1万回は83年、2万回は2006年だった。節目までの期間が次第に短くなっており、同省は「中国を対象とする発進が非常に増え、ペースが速まっている」と説明した。

 防衛省によると、冷戦期に年間900回超に達したスクランブルはソ連崩壊に伴い減少。1990〜2000年代には100〜300回程度となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 台風10号、沖縄で荒天 (8/5)

     沖縄本島地方を進む熱帯低気圧が5日午後3時に台風10号に変わった。奄美を経て7日は四国沖に進み、8日にも東海・関東に接近・上陸する恐れがある。沖縄では天気が荒れ、気象庁は強風や高波、土砂災害に引き続...

  • 建設石綿で初の集団和解 (8/5)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんなどを発症したとして、北海道の元労働者と遺族らが国に損害賠償を求めた集団訴訟の控訴審は5日、札幌高裁(長谷川恭弘裁判長)で和解が成立した。原告代理人によると、...

  • 6日に広島原爆の日 (8/5)

     広島は6日、被爆から76年の「原爆の日」を迎える。広島市中区の平和記念公園では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれる。松井一実市長は、核兵器禁止条約の発効後初めてとな...

  • 児童のパラ観戦機会確保を (8/5)

     東京パラリンピック日本代表選手団の河合純一団長は5日、熊谷俊人知事と千葉県庁で面会し、競技会場がある自治体の児童や生徒にチケットを配布する「学校連携観戦プログラム」を維持し、観戦機会を確保するよう要...

  • 戦没者遺族、各道府県で1人ずつ (8/5)

     東京都千代田区の日本武道館で15日に開かれる政府主催の全国戦没者追悼式は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、厚生労働省が遺族の参列を各道府県で原則1人ずつとする方針であることが5日、同省への取材で...

 あなたにおすすめの記事