ニュース

脱炭素へ、22年度に新交付金 「先行地域」へ優先配分、環境省

2021/7/20 21:11

 環境省は20日、2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロの実現に向け、地方自治体の施策を支援する新たな交付金を創設する方針を固めた。政府が6月に策定した「地域脱炭素ロードマップ」のモデルとなる「先行地域」などへ優先配分し、中長期の事業化を後押しする。22年度予算の概算要求に制度新設を盛り込み、具体額は年末の予算編成までに詰める。複数年度を対象とする交付金配分を円滑に進める新法制定も検討する。

 先行地域の指定は22年度中に始まり、政府は少なくとも100カ所を選ぶ方針。家庭やオフィスなどの電力を再生可能エネルギーで賄う。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 都内医療「危機的状況に」 (7/29)

     東京都は29日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、専門家が都内の入院患者数は6月下旬からの1カ月で倍増の3千人近くに上り、「医療提供体制の逼迫が始まっており、危機的な状況になりつつある」と...

  • 五輪は国内感染広げずとIOC (7/29)

     IOCのアダムス広報部長は29日、東京五輪のメインプレスセンターで記者会見し、国内で感染者数が過去最多を更新していることに関連し「五輪関係者は最も頻繁に検査されており、パラレルワールド(別の世界)み...

  • 五輪関連で24人がコロナ陽性 (7/29)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、大会関連で選手3人を含む24人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。組織委が取りまとめた大会関連の陽性者数としては1日当たりで最多。陽性...

  • 尾身会長「さらに感染拡大する」 (7/29)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日、参院内閣委員会の閉会中審査で、首都圏を中心とした全国的な感染拡大について「今の最大の危機は社会一般の中で危機感が共有されてないことだ。危...

  • アストラ製、40歳以上で検討 (7/29)

     英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が、40歳以上を予防接種法上の「臨時接種」の対象として位置付ける方向で検討していることが28日、分かった。30日の同省のワクチン分科...

 あなたにおすすめの記事