ニュース

厚労相、WHOトップと会談へ 事務局長がIOC総会で来日

2021/7/21 11:56

 厚生労働省は21日、田村憲久厚労相と世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が同日午後、会談すると発表した。新型コロナウイルスに関連した医療、保健分野での国際協力について意見交換する。これに先立ち、テドロス氏は20日、ツイッターに日本語で投稿し、東京都内で開かれている国際オリンピック委員会(IOC)総会出席のため、日本入りしたことを明らかにしていた。

 テドロス氏は「シンプルな、しかし緊急のメッセージを届けるために来ました」と来日の目的を説明し「新型コロナウイルス感染症は、私たち一人一人が役割を果たして初めて打ち勝つことができます」と強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、過去最多4166人が感染 (8/4)

     東京都は4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4166人報告されたと発表した。7月31日の4058人を上回って過去最多を更新し、爆発的な感染拡大の傾向が続いている。直近7日間を平均した1日当たりの...

  • 「環境に優しい五輪」支える (8/4)

     ENEOS(エネオス)や東京ガスなどが東京五輪・パラリンピックの会場運営などで活躍している。燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さない水素や、脱炭素の電気・ガスを供給し、世界的に地球温暖化防止の機運が...

  • 選手村で初「クラスター」 (8/4)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、ギリシャのアーティスティックスイミングの選手4人と関係者1人が新型コロナウイルス検査で陽性が確認されたと発表し、高谷正哲スポークスパーソンは「クラスター(感...

  • レムデシビルの保険適用承認 (8/4)

     中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は4日、新型コロナウイルス感染症の国内初の治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」の保険適用を承認した。新型コロナは指定感染症のた...

  • 五輪関連、29人が陽性 (8/4)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、大会関連で、選手4人を含む29人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。大会関連の陽性者は7月1日以降で累計327人となり、初めて300人を...

 あなたにおすすめの記事