ニュース

東証、午前終値は2万7523円 一時500円近く上昇

2021/7/21 12:04

 21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前日の米国株高が追い風となり、買い注文が先行した。上げ幅は一時500円に迫った。ただ首都圏を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大は相場の重しとなった。

 午前終値は前日終値比135円59銭高の2万7523円75銭。東証株価指数(TOPIX)は16・72ポイント高の1905・61。

 20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、値ごろ感が出た銘柄に買い戻しが入り、大幅反発した。欧州株式市場も企業業績への期待感から上昇。東京市場もこの流れを引き継ぎ、買い注文が広がった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 名古屋に最大級の高級時計売り場 (7/27)

     ジェイアール名古屋高島屋(名古屋市)は27日、国内最大級の高級時計売り場「ウオッチメゾン」を開いた。「ロレックス」や「ブレゲ」など国内外の約90ブランドを取り扱い、約7千万円の腕時計も展示。高価格帯...

  • 為替相場  27日(日本時間18時) (7/27)

    18時現在           1ドル=             110円08銭〜          110円09銭    前日比  +0円12銭   1ユーロ=            129円65銭...

  • 水害リスクをAIで試算 (7/27)

     三井住友フィナンシャルグループは27日、人工知能(AI)を使って、地球温暖化による融資先の水害リスクを試算する新手法を開発したと発表した。傘下の三井住友銀行で利用する。従来はハザードマップに基づき国...

  • 楽天、携帯の基地局整備に遅れ (7/27)

     楽天モバイルは27日、世界的な半導体不足の影響で、携帯電話の基地局整備が遅れるとの見通しを明らかにした。自社回線の人口カバー率が96%となる時期を、これまで公表していた「今年夏ごろ」から「年内」へ修...

  • コロナ禍で会社が二極化 (7/27)

     新型コロナウイルス禍で景気が低迷する中、上場企業が正社員数で二極化している。東京商工リサーチによると、2021年3月末が決算だった1898社のうち、60%の1140社が事業拡大などのために1年前より...