ニュース

高齢者の感染、10分の1以下に コロナワクチン接種で

2021/7/21 19:45
 厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区

 厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区

 厚生労働省は21日、65歳以上の高齢者の新型コロナウイルス感染者数は、ワクチンを2回接種すると、受けていない場合と比べて10分の1以下になったとの分析結果を専門家組織の会合で報告した。新たに感染した人の多くが65歳未満の未接種者だった。東京都では感染者の65歳以上の割合は4%程度で、重症化したり、死亡したりする人の増加も抑えられている。

 報告によると、7月5〜15日に国内で65歳以上の未接種の感染者は10万人当たり13人だったが、2回接種後は0・9人だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 阪神梅田本店で新たに18人感染 (8/3)

     阪急阪神百貨店は3日、新型コロナの集団感染のあった阪神百貨店梅田本店(大阪市)で新たに従業員18人の感染が判明したと発表した。感染者は従業員115人になった。 阪急阪神百貨店の広報担当者は「感染経路...

  • 高齢者も自宅療養の可能性 (8/3)

     新型コロナウイルス患者の入院要件を厳格化した政府方針について、田村憲久厚生労働相は3日の記者会見で、高齢者や基礎疾患がある人が自宅療養となる可能性があるとの見解を示した。これまでは原則入院だったが「...

  • ライチョウ11羽、動物園に (8/3)

     環境省信越自然環境事務所は3日、長野県の中央アルプス駒ケ岳で保護していた国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ11羽を、長野市の「茶臼山動物園」と栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」にヘリコ...

  • ネコ、イヌからマダニ感染症 12件確認、死亡例も (8/3)

     ネコやイヌなどのペットから人に致死率の高い感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」がうつった例が少なくとも12件確認され、うち1件は死亡していたことが3日、国立感染症研究所などの調査で分かった...

  • 仏大統領、接種へ説得攻勢 (8/3)

     【パリ共同】フランスのマクロン大統領は2日、会員制交流サイト(SNS)に自撮り動画を投稿し、新型コロナウイルスワクチンの接種をためらっている国民らに対して「直接質問を受け付ける」と表明、動画での回答...

 あなたにおすすめの記事