ニュース

高知沖で新種のハゼを発見 水深百メートル、尾びれに特徴

2021/7/22 15:56
 高知県柏島沖で発見された新種のハゼ「ホウセキイレズミハゼ」(小枝圭太特任助教提供)

 高知県柏島沖で発見された新種のハゼ「ホウセキイレズミハゼ」(小枝圭太特任助教提供)

 高知県の南西端に近い柏島沖で新種のハゼを見つけたと、東京大の小枝圭太特任助教(魚類学)らが22日までに日本魚類学会の論文誌に発表した。尾びれの上下にある黒い模様などが特徴で、宝石をまとったような姿から「ホウセキイレズミハゼ」と名付けた。

 同県大月町の黒潮生物研究所が宝石サンゴを育てるため、水深100メートルほどの砂地に沈めていた人工漁礁を昨年1月に引き上げたところ、漁礁のカキ殻の隙間から1匹が姿を現した。雌で体長3センチ弱。体のしまの数や形など、既に知られている36種のイレズミハゼとは違った特徴が見られた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 陸上選手ら3人が陽性に (8/2)

     トリニダード・トバゴのオリンピック委員会は2日までに、東京五輪の選手村に滞在していた陸上の選手2人と役員1人が新型コロナウイルスの定期検査で陽性になったと発表した。3人は宿泊療養施設に移り、隔離され...

  • 兵庫、愛媛県警の3人コロナ感染 (8/2)

     警視庁は2日、東京五輪・パラリンピックの警備担当として派遣された兵庫県警機動隊の30〜40代の男性巡査部長2人と、愛媛県警機動隊の30代男性巡査長の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全...

  • 日本の馬術のコーチが陽性 (8/2)

     日本オリンピック委員会(JOC)は2日、馬術の日本代表で指導するオランダ出身のビム・シュローダー・コーチが来日前に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、大会参加を辞退したと発表した。日本選手団のメンバ...

  • 東京、新規感染2195人 (8/2)

     東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2195人報告されたと発表した。前週の月曜日だった7月26日の1429人を上回り、曜日ごとの最多を8日連続で更新。爆発的な感染拡大への懸念が強まってい...

  • 東京ドームで3万5千人に接種へ (8/2)

     東京都の文京、新宿、港3区とプロ野球巨人などは2日、巨人の本拠地、東京ドームを会場に16日から3区の住民を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を実施すると発表した。 ドームは無償提供で、この地域に...

 あなたにおすすめの記事