ニュース

五輪利用し、公平供給訴え ワクチン巡りWHOトップ

2021/7/31 6:49
 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(ゲッティ=共同)

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(ゲッティ=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日の記者会見で、東京都が緊急事態宣言下にあるにもかかわらず五輪開幕に合わせて今月下旬に訪日したのは、世界が注目する機会を利用して新型コロナウイルスワクチンの公平供給を訴えるためだったと説明し、自らの行動を正当化した。

 テドロス氏は「パンデミック(世界的大流行)を終わらせるためには、五輪の連帯精神が必要だ」と強調。新型コロナ対応での協力を呼び掛けるため「好機として利用しなければならないと思った」と語った。訪日中は国際オリンピック委員会(IOC)総会での講演なども行っていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 行動制限1カ月かけ緩和 (9/28)

     政府は28日、19都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言と8県のまん延防止等重点措置を期限の30日で全面解除すると決定した。解除後1カ月かけて、飲食店の営業時間延長や酒類提供の解禁といった...

  • 塩野義、最終段階の臨床試験開始 (9/28)

     塩野義製薬は28日、現在開発を進める飲み薬タイプの新型コロナウイルス治療薬について、最終段階の臨床試験(治験)を27日から始めたと発表した。実用化の時期は未定としているが、年末までに国内で100万人...

  • Jリーグ、10月に実証実験 (9/28)

     Jリーグの村井満チェアマンは28日、理事会後のオンライン記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種や検査の陰性証明を使った観客制限緩和の実証実験を10月のリーグ戦や同30日のYBCルヴァン・カップ...

  • 転勤・単身赴任を原則廃止 (9/28)

     NTTは28日、「コロナ後」の社会を見据え、経営スタイルを大幅に見直すと発表した。社員はリモートワークを基本とし、転勤や単身赴任は原則廃止する方向で検討する。本社や管理部門の部署を首都圏から地方の中...

  • 緊急事態、30日で全面解除 (9/28)

     政府は28日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、19都道府県に発令中の緊急事態宣言と8県に適用中のまん延防止等重点措置について、30日の期限での全面解除を決定した。宣言解除後の重点措...

 あなたにおすすめの記事