ニュース

カクテル療法在宅患者にもと表明 菅首相、厚労省は慎重姿勢

2021/8/2 23:19

 菅義偉首相は2日、重症化を防ぐ効果がある新治療薬の抗体カクテル療法について「50代以上や基礎疾患のある方に積極的に投与し、在宅患者も含めた取り組みを進める」と述べた。この治療法は、酸素投与は必要ないが、重症化リスクがある軽症や中等症の入院患者が対象。だが首相は、入院していない患者にも対象を広げる方針だ。

 これに対し、厚生労働省は、まずは入院患者に投与し、容体が安定したら自宅療養に切り替える使い方を検討していると明らかにし、在宅患者への投与に慎重な姿勢を示した。

 抗体カクテル療法は、2種類の抗体医薬品を点滴で投与する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東京で新たに862人感染 (9/18)

     東京都は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに862人報告され、20人が死亡したと発表した。

  • ホンダ8〜9月、6割減産 (9/18)

     ホンダは18日までに、8〜9月の国内の自動車生産台数が当初計画に比べて約6割の減産になると発表した。半導体不足や東南アジアの新型コロナウイルス禍で部品の供給が滞ったため。10月上旬は約3割減となる。...

  • スーパーソニック、千葉で開幕 (9/18)

     千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで18日、大規模音楽フェスティバル「スーパーソニック」が開幕した。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、市が延期や規模縮小などを要請。主催者側は感染防止対策を徹...

  • 往診でもカクテル療法可能 (9/18)

     厚生労働省は17日付で、新型コロナウイルス感染症の自宅療養者への往診で抗体カクテル療法を条件付きで認めると都道府県などに通知した。 重いアレルギー反応が出るアナフィラキシーなどが起こる恐れがあるため...

  • 米、3回目接種は高齢者らに (9/18)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)の外部有識者委員会は17日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を、65歳以上の高齢者と重症化リスクの高い人に推奨すると合意した。今後、医...

 あなたにおすすめの記事