ニュース

7月の百貨店売上高、4・2%増 高額品がけん引

2021/8/23 18:00

 日本百貨店協会が23日発表した7月の全国百貨店売上高は既存店ベースで前年同月比4・2%増となり、2カ月ぶりにプラスに転じた。富裕層向けの高額品や「巣ごもり需要」に伴う食料品がけん引し、全店ベースの売上高は約4020億円だった。ただ新型コロナウイルス禍前の2019年7月比では既存店ベースで17・4%減となり、経営は依然厳しい。

 地域別では東京と福岡が前年同月比8・0%増、名古屋が12・4%増と都市部は好調だった一方、主要10都市以外の地方は1・2%減で2カ月連続のマイナスとなった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  21日(日本時間 2時) (9/21)

     2時現在           1ドル=             109円41銭〜          109円45銭    前日比  +0円53銭   1ユーロ=            128円26銭...

  • NY株、一時500ドル超安 (9/20)

     【ニューヨーク共同】週明け20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前週末終値と比べた下げ幅が一時500ドルを超え、節目の3万4000ドルを割り込んだ。中国の不動産大手、中国恒大集...

  • NY円、109円前半 (9/20)

     【ニューヨーク共同】週明け20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比53銭円高ドル安の1ドル=109円40〜50銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1703〜13ドル、128円...

  • 中国TPP加入申請を歓迎 (9/20)

     【シンガポール共同】マレーシア政府は20日までに、中国の環太平洋連携協定(TPP)への加入申請について「2国間の貿易や投資が一段と高みに達する」と支持する姿勢を示した。国営ベルナマ通信が伝えた。 ベ...

  • 外国人労働者に人権アプリ (9/20)

     トヨタ自動車やイオンなど約210の国内企業・団体が、外国人労働者の人権を守るためのスマートフォンアプリを共同で制作することが20日、分かった。日本で働く技能実習生らが会社に知らせず、アプリを通じて第...

 あなたにおすすめの記事