ニュース

NY株続伸、215ドル高 米ワクチン正式承認で

2021/8/24 5:46
 ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

 ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比215・63ドル高の3万5335・71ドルで取引を終えた。米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが米国で正式承認され、接種が進むとの思惑から、景気回復の加速を期待した買いが優勢となった。

 景気に敏感とされる銘柄やIT関連銘柄を中心に買いが入った。原油先物相場が上昇し、石油株も買われた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、227・99ポイント高の1万4942・65と過去最高値を更新した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ユニバーサル北京が開業 (9/20)

     【北京共同】中国・北京郊外で20日、米系のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・北京」が正式開業した。米中対立の激化にもかかわらずハリウッド映画の人気は健在で、初日分のチケットは事前に完売する順調な...

  • 為替相場  20日(日本時間13時) (9/20)

    13時現在           1ドル=             109円93銭〜          109円97銭    前日比  +0円01銭   1ユーロ=            128円73銭...

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (9/20)

     6時現在           1ドル=             109円94銭〜          109円99銭    前日比   0円00銭   1ユーロ=            128円89銭...

  • SBI、TOB期間の延長拒否へ (9/19)

     SBIホールディングスは19日、新生銀行に対して実施中の株式公開買い付け(TOB)について、新生銀が求めた期間延長に応じない方向で調整に入った。新生銀はSBIが要請を拒否した場合、導入済みの買収防衛...

  • G20農相会合が共同宣言 (9/19)

     農林水産省は19日、イタリア・フィレンツェで17〜18日に開かれた20カ国・地域(G20)農相会合で、食料の安定供給に向けた共同宣言を採択したと発表した。世界の人口が増加する中、生産性の向上と環境負...

 あなたにおすすめの記事