ニュース

東京円、110円近辺 

2021/8/26 10:12

 26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円近辺で取引された。

 午前10時現在は前日比30銭円安ドル高の1ドル=110円04〜05銭。ユーロは68銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円48〜49銭。

 前日の米長期金利が上昇し、日米の金利差が拡大すると見込んだ円売りドル買い注文が先行した。米ダウ工業株30種平均が4日続伸して投資家心理が改善したことも、相対的に安全な通貨とされる円を売る材料となった。

 市場では「米長期金利の変動の影響を受けやすい相場になっている」(外為ブローカー)との声が聞かれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  22日(日本時間 2時) (9/22)

     2時現在           1ドル=             109円26銭〜          109円27銭    前日比  +0円37銭   1ユーロ=            128円14銭...

  • 金融庁、みずほのシステム管理へ (9/22)

     みずほ銀行でシステムトラブルが相次いだ問題を巡り、金融庁が近く、みずほフィナンシャルグループとみずほ銀行に業務改善命令を出す方針を固めたことが、21日分かった。みずほ側からシステムの保守や更新の作業...

  • NY円、109円前半 (9/21)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比02銭円安ドル高の1ドル=109円35〜45銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1734〜44ドル、128円38〜4...

  • NY株、一時300ドル超高 (9/21)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、上げ幅が一時300ドルを超えた。前日に大幅下落したため割安感が出て、買いが先行した。 経営不安が取り沙汰され株...

  • 三菱UFJ、傘下の米銀を売却へ (9/21)

     三菱UFJフィナンシャル・グループは21日、米国の傘下銀行であるMUFGユニオンバンクの全株式を米地銀最大手、USバンコープに売却で合意したと発表。取引を通じ、売却対価や株の割り当てなど総額約1兆9...

 あなたにおすすめの記事