ニュース

カブール空港、テロの脅威 米英、「近づくな」と警告

2021/8/26 10:44
 23日、アフガニスタンからの出国を望み、カブールの空港に集まる人々(ゲッティ=共同)

 23日、アフガニスタンからの出国を望み、カブールの空港に集まる人々(ゲッティ=共同)

 【ワシントン、ロンドン共同】在アフガニスタン米大使館は25日、首都カブールの空港付近で「安全上の脅威」があるとして、在留米国人に近づかないよう警告を出した。英外務省も25日、「テロ攻撃に遭う恐れが高い」と指摘した上で「カブールの国際空港を訪れてはならない」と警告、空港付近にいるならば安全な場所へ移動するよう促した。

 米大使館は脅威の内容について明らかにしていないが、安全確認ができなければ米国人らの国外退避作業に影響が出る可能性がある。一部の英メディアは、ウォレス英国防相が、今後はアフガン周辺国へ陸路で出国する方がより良い選択肢だとの見方を示したと伝えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ロシア小型機が消息絶つ (9/22)

     【ウラジオストク共同】タス通信によると、ロシア極東ハバロフスクの空港から38キロ地点で22日、アントノフ26型機が消息を絶った。乗員6人が搭乗。地元当局は丘陵地帯に墜落したとみて捜索を急いでいる。 ...

  • 尖閣の現状変更に「反対」 (9/22)

     【ワシントン共同】日本と米国、オーストラリア、インドの協力枠組み「クアッド」が24日にワシントンで開く首脳会合の共同声明原案が22日、判明した。中国公船による接近が続く沖縄県・尖閣諸島が位置する東シ...

  • ブラジルに35メートル大仏建立 (9/22)

     【サンパウロ共同】ブラジル南東部の寺院に高さ35メートルの大仏が建立され、このほど地元関係者の式典が行われた。日本人僧侶らの支援で建設され、大仏としてアジア以外では最大という。リオデジャネイロにある...

  • ワクチン接種、世界で60億回 (9/22)

     【ロンドン共同】世界の新型コロナウイルスワクチンの接種回数が22日、英大学の研究者らの集計で累計60億回に達した。感染力が強いデルタ株の急拡大を抑えるため、3回目のブースター接種に踏み切る国が増える...

  • フィリピン大統領選にマニラ市長 (9/22)

     【マニラ共同】フィリピンの首都マニラ市のイスコ・モレノ市長(46)は22日、来年5月の大統領選への出馬を表明した。スラム街出身で人気俳優を経た異色の経歴を持つモレノ氏は、記者会見で「皆さんの支援と団...

 あなたにおすすめの記事