ニュース

豪航空、日本便12月再開か ワクチン8割前提、米英便も

2021/8/26 11:21

 【シドニー共同】オーストラリアのカンタス航空は26日、新型コロナウイルス流行の影響で昨年3月からほぼ全面休止している国際線の運航を今年12月中旬から日本や米国、英国、シンガポールを対象に再開させる方針を明らかにした。政府の基準であるオーストラリア成人のワクチン2回接種率80%が達成されていることが前提。

 現在中断しているニュージーランドとの自由往来再開も模索する。

 AAP通信によると、カンタスがこの日発表した2021年6月期決算の純損益は17億3千万豪ドル(約1380億円)の赤字だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 金融庁、みずほに業務改善命令 (9/22)

     金融庁は22日、システム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループとみずほ銀行に対し、銀行法に基づく業務改善命令を出したと発表した。

  • 為替相場  22日(日本時間16時) (9/22)

    16時現在           1ドル=             109円57銭〜          109円58銭    前日比  +0円06銭   1ユーロ=            128円48銭...

  • 東証続落、200円安 (9/22)

     22日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。中国の不動産大手、中国恒大集団の経営危機を巡る懸念が相場の重荷となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、様子見ムードも強か...

  • 米、仮想通貨交換所に制裁 (9/22)

     【ワシントン共同】米財務省は21日、企業などのシステムに侵入して機密情報を暗号化し、復旧と引き換えに金銭を要求する「ランサムウエア」を利用したサイバー攻撃に関与したとして、暗号資産(仮想通貨)交換業...

  • 東京株式 22日終値      (9/22)

    <225種>          29639円40銭      前日比 −200円31銭  <TOPIX>         2043.55        前日比 −21.00    

 あなたにおすすめの記事