ニュース

年商百億マルチに業務停止命令 アイテック社に消費者庁

2021/8/26 18:19
 「ITEC INTERNATIONAL」の顧客勧誘に使われる説明資料

 「ITEC INTERNATIONAL」の顧客勧誘に使われる説明資料

 消費者庁は26日までに、連鎖販売取引(マルチ商法)について十分な説明をせずに勧誘したのは特定商取引法違反に当たるとして「ITEC INTERNATIONAL」(東京)に勧誘や申し込み受け付けなどの一部業務と取引の停止命令を出した。役員2人は業務禁止。消費者庁によると、2019年11月期の売上高は約107億円。命令は25日付。期間はいずれも6カ月。

 同庁取引対策課によると、2017年12月ごろから化粧品や水素生成器などのマルチ商法を展開。新規の顧客を獲得した会員に報酬を支給する仕組みだった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 仮想通貨で密売収益得たか (9/22)

     大麻密売による犯罪収益と知りながら暗号資産(仮想通貨)「モネロ」を受け取ったとして、東海北陸厚生局麻薬取締部が麻薬特例法違反(薬物犯罪収益等収受)の疑いで、愛知県豊田市の自称株式トレーダー黒岩嘉一容...

  • 天皇陛下が恒例の稲刈り (9/21)

     天皇陛下は21日、皇居内の生物学研究所の隣にある田んぼで恒例の稲刈りをされた。皇居での稲作は、農業奨励のために昭和天皇が始め、陛下は即位に伴い、上皇さまから引き継いだ。 収穫したのは、うるち米のニホ...

  • 元取締役らも関与か、熱海土石流 (9/21)

     静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流の起点での不適切な盛り土に、神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)の元幹部以外に、元幹部の部下だった元取締役3人と元監査役も関与していた疑いがあることが21...

  • 森友、認定理由不開示は「違法」 (9/21)

     森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんで2018年に自殺した近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=の公務災害認定報告書に関し、赤木さんの業務内容などを不開示とした人事院の決定を、総務省情報...

  • 検察官、自宅で強制わいせつ疑い (9/21)

     警視庁葛西署は21日までに、知人女性の体を触ったとして、強制わいせつの疑いで東京地検の20代の男性検察官を書類送検した。男性は「間違いない」と容疑を認めているという。 書類送検容疑は8月中旬、東京都...

 あなたにおすすめの記事