ニュース

NPO職員本人も退避対象 アフガン人、家族は認めず

2021/8/26 23:22

 【カブール共同】アフガニスタンからの自衛隊機による退避対象に、日本の民間非営利団体(NPO)などのアフガン人職員も加わることが26日、団体関係者への取材で分かった。日本政府が家族帯同を認めないと説明したことも判明。イスラム主義組織タリバンの復権で身の危険を感じている人も多く、家族帯同を認めないことで人道に反するとの批判が出そうだ。

 団体関係者は職員本人が対象に加わったことは「感謝している」としつつ、家族が帯同できないことで退避を諦めた人が複数いることも明らかにし「家族への支援も必要だ」と訴えている。退避の難しさが浮き彫りとなった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ロシア小型機が消息絶つ (9/22)

     【ウラジオストク共同】タス通信によると、ロシア極東ハバロフスクの空港から38キロ地点で22日、アントノフ26型機が消息を絶った。乗員6人が搭乗。地元当局は丘陵地帯に墜落したとみて捜索を急いでいる。 ...

  • 尖閣の現状変更に「反対」 (9/22)

     【ワシントン共同】日本と米国、オーストラリア、インドの協力枠組み「クアッド」が24日にワシントンで開く首脳会合の共同声明原案が22日、判明した。中国公船による接近が続く沖縄県・尖閣諸島が位置する東シ...

  • ブラジルに35メートル大仏建立 (9/22)

     【サンパウロ共同】ブラジル南東部の寺院に高さ35メートルの大仏が建立され、このほど地元関係者の式典が行われた。日本人僧侶らの支援で建設され、大仏としてアジア以外では最大という。リオデジャネイロにある...

  • ワクチン接種、世界で60億回 (9/22)

     【ロンドン共同】世界の新型コロナウイルスワクチンの接種回数が22日、英大学の研究者らの集計で累計60億回に達した。感染力が強いデルタ株の急拡大を抑えるため、3回目のブースター接種に踏み切る国が増える...

  • フィリピン大統領選にマニラ市長 (9/22)

     【マニラ共同】フィリピンの首都マニラ市のイスコ・モレノ市長(46)は22日、来年5月の大統領選への出馬を表明した。スラム街出身で人気俳優を経た異色の経歴を持つモレノ氏は、記者会見で「皆さんの支援と団...

 あなたにおすすめの記事