ニュース

27日いっぱいの活動目指す アフガン退避で空自機

2021/8/27 0:58

 イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンからの邦人らの退避で、航空自衛隊輸送機は日本時間で27日いっぱいをめどに首都カブールからの輸送を目指している。邦人らが空港に移動できるようタリバン側との交渉を試みている。日本政府関係者が26日、明らかにした。

 隣国パキスタンの首都イスラマバードに到着していた空自輸送機C2とC130がカブールに入ったものの、待機できる時間に邦人らが到着せず、そのまま戻ったケースもあった。空港周辺は治安が安定せず、8月末の米軍撤退期限は間近。退避が順調にできるかどうか、予断を許さない情勢だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 中国、米に共存を呼び掛け (9/22)

     【ニューヨーク共同】中国の習近平国家主席は21日、ビデオ形式で国連総会一般討論演説を行い、対中競争を明言する米国を念頭に「ウィンウィン(相互利益)の協力に基づいた国際関係を構築する必要がある」と訴え...

  • 米大統領、英豪首相と会談 (9/22)

     【ニューヨーク共同】バイデン米大統領は21日、オーストラリアのモリソン首相、ジョンソン英首相と相次ぎ個別に会談した。3カ国によるインド太平洋地域における安全保障の枠組み創設を巡り意見交換。一方、バイ...

  • イラン「全ての制裁解除を」 (9/22)

     【テヘラン共同】イランのライシ大統領は21日、国連総会の一般討論演説で、機能不全のイラン核合意の再建に向けた米欧との協議について「最終的な成果は(米国による)全ての抑圧的な制裁の解除」であるべきだと...

  • 韓国・文大統領、国連最後の演説 (9/22)

     【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は米東部時間21日(日本時間22日)、米ニューヨークでの国連総会で一般討論演説を行い、朝鮮半島情勢に関し、南北と米国の3カ国、または中国を含む4カ国が集結し、休戦状態...

  • 海洋放出は「時期尚早」 (9/22)

     【ジュネーブ共同】国連のオレラナ特別報告者(有害物質と人権担当)は21日の国連人権理事会の会合で、東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針について「汚染の可能性がある水を太平洋に放出するという...

 あなたにおすすめの記事