ニュース

米7月物価指数、4・2%上昇 30年6カ月ぶり高水準

2021/8/27 22:17

 【ワシントン共同】米商務省が27日発表した7月の個人所得・消費統計によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月より4・2%上がり、上昇率は1991年1月(4・5%)以来、30年6カ月ぶりの大きさとなった。新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に伴う経済活動再開により、需要が増えたことなどが要因。

 PCE物価指数は米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を判断する際に重視しており、目標の2%超を引き続き大きく上回った。大きな伸びが続いた場合、大規模な金融緩和策の縮小ペースが速まる可能性がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 鉄道車両用のイオン発生機を開発 (9/16)

     シャープは16日、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載した鉄道車両用のイオン発生機を川崎重工業などと共同開発したと発表した。既存車両に後付けできるタイプで、新型コロナウイルス流行を背景とし...

  • 33%が新卒正社員募集せず (9/16)

     厚生労働省が16日発表した8月の労働経済動向調査(年4回実施)によると、今年春に高校や大学を卒業した新卒者の採用で正社員を募集しなかった事業所は、前年同期比7ポイント増の33%に上った。厚労省は新型...

  • 為替相場  16日(日本時間18時) (9/16)

    18時現在           1ドル=             109円38銭〜          109円39銭    前日比  +0円05銭   1ユーロ=            128円76銭...

  • 東京円、109円台前半 (9/16)

     16日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台前半で取引された。 午後5時現在は前日比08銭円高ドル安の1ドル=109円35〜36銭。ユーロは48銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円83〜87銭...

  • 11月電気料金、大手全社値上げ (9/16)

     大手電力10社が11月の家庭向け電気料金を全社値上げする見通しであることが16日、分かった。火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)や石炭などの輸入価格が上がっているため。大手都市ガス4社も原料価...

 あなたにおすすめの記事