ニュース

量的緩和縮小「年内が適切」 米FRB議長、雇用で進展

2021/8/27 23:54
 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 【ジャクソンホール共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は27日、新型コロナウイルス禍への対策として続けている量的金融緩和について「経済が予想通り大きく進展すれば年内の縮小が適切」との考えを示した。7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で自身が「多くの参加者と同様」の見解を持ったと述べた。

 FRBの政策目標であるインフレ目標と雇用の最大化で進展があったと表明。一方で感染力が強いデルタ株についてはその後「さらに拡大している」と指摘。金融政策の変更に向けて、状況を「注意深く見極める」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  22日(日本時間 7時) (9/22)

     7時現在           1ドル=             109円22銭〜          109円24銭    前日比  +0円41銭   1ユーロ=            128円07銭...

  • NY円、109円前半 (9/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比16銭円高ドル安の1ドル=109円17〜27銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1720〜30ドル、128円03〜13...

  • 米、タカタ製3千万台調査 (9/22)

     【ワシントン共同】米道路交通安全局(NHTSA)は21日、リコール対象となっていない旧タカタ製エアバッグについて調査を開始したと明らかにした。トヨタ自動車やホンダなど世界約20社の2001〜19年型...

  • NY株式  21日終値     (9/22)

    <ダウ工業30種平均>      33919.84       前日比  −50.63  

  • NY株続落、50ドル安 (9/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比50・63ドル安の3万3919・84ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を決める連邦公開...

 あなたにおすすめの記事