ニュース

東証、午前終値は2万7718円 一時200円超高、米国株上昇で

2021/8/30 11:46

 週明け30日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前週末にあった米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演を受け、米国株式市場のダウ工業株30種平均が上昇したことが好感された。上げ幅は一時200円を超えた。

 午前終値は前週末終値比77円72銭高の2万7718円86銭。東証株価指数(TOPIX)は13・09ポイント高の1941・86。

 前週末、パウエル議長は米量的金融緩和策について、年内の縮小開始が適切との見通しを示した。市場予想とほぼ一致した内容で、早期の利上げにも慎重な姿勢だったことが米国市場の安心材料となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 米、大型歳出案の縮小検討 (9/27)

     【ワシントン共同】バイデン米政権が推進する総額約3兆5千億ドル(約387兆円)の大型歳出法案を巡り、与党民主党は26日、規模縮小の検討に入った。連邦議会では超党派で別途実現を目指すインフラ投資法案や...

  • 東京株式 27日14時     (9/27)

    <225種>          30225円55銭      前日比  −23円26銭  <TOPIX>         2087.43        前日比 −03.32    

  • 為替相場  27日(日本時間14時) (9/27)

    14時現在           1ドル=             110円55銭〜          110円56銭    前日比  −0円08銭   1ユーロ=            129円59銭...

  • 新生銀、TOB延長要求を維持 (9/27)

     新生銀行は27日、同銀への株式公開買い付け(TOB)を実施しているSBIホールディングスに対し、TOB期間を12月8日まで延長するよう引き続き求めると発表した。買収防衛策の発動を諮る臨時株主総会を開...

  • 東証続伸、午前終値109円高 (9/27)

     週明け27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。3月期決算企業の2021年9月中間配当や株主優待を受け取る権利が28日に確定するため、権利の確保を狙う買い注文が入った。半面、前週...

 あなたにおすすめの記事