ニュース

東証反発、148円高 米FRB議長の講演を好感

2021/8/30 15:15
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演を受け、量的金融緩和策の縮小前倒しへの懸念が後退し、早期利上げについても慎重な姿勢であることが確認され、安心材料となった。

 終値は前週末比148円15銭高の2万7789円29銭。東証株価指数(TOPIX)は21・37ポイント高の1950・14。出来高は約10億2174万株だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  24日(日本時間 2時) (9/24)

     2時現在           1ドル=             110円17銭〜          110円18銭    前日比  −0円73銭   1ユーロ=            129円39銭...

  • 顔の表情でスマホ操作、グーグル (9/24)

     【ニューヨーク共同】米グーグルは23日、スマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」で、カメラを使い顔の向きや表情でスマホを操作できる新機能を発表した。手が不自由で画面の操作ができなかったり...

  • NY株一時500ドル超高 (9/24)

     【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時500ドルを超えた。 経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団が22日、人民元建...

  • EU、スマホの充電器共通化へ (9/23)

     【ブリュッセル共同】EU欧州委員会は23日、スマホやタブレット端末などの電子機器の充電器規格を共通化するよう加盟国に提案した。消費者の利便性向上や不要な充電器が廃棄されて生じる「電子ごみ」の削減が目...

  • 英中銀、政策金利据え置き (9/23)

     【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は23日、主要政策金利を過去最低の年0・1%で据え置くことを全会一致で決めたと発表した。足元でインフレが進む一方、新型コロナウイルスの変異株流行な...

 あなたにおすすめの記事