ニュース

みずほ故障、原因特定できず 金融庁に報告へ

2021/8/30 22:54

 みずほ銀行で起きた今年5回目のシステム障害を巡り、持ち株会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)が31日に金融庁に提出する報告書の概要が30日、分かった。基幹システムと営業店をつなぐ機器が想定外の壊れ方をしたと説明した一方、故障原因やバックアップに切り替わらなかった要因は現時点で特定できなかった。

 障害発生の告知が開店直前になったことに関しては不備を認める。今回の報告は中間的な位置付けとなる。みずほグループでは今年に入って6回の障害が起きた。金融庁はトラブルが頻発する背景を徹底検査し、みずほFGなどに業務改善命令を出す方向だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  20日(日本時間 7時) (9/20)

     7時現在           1ドル=             109円94銭〜          109円99銭    前日比   0円00銭   1ユーロ=            128円94銭...

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (9/20)

     6時現在           1ドル=             109円94銭〜          109円99銭    前日比   0円00銭   1ユーロ=            128円89銭...

  • SBI、TOB期間の延長拒否へ (9/19)

     SBIホールディングスは19日、新生銀行に対して実施中の株式公開買い付け(TOB)について、新生銀が求めた期間延長に応じない方向で調整に入った。新生銀はSBIが要請を拒否した場合、導入済みの買収防衛...

  • G20農相会合が共同宣言 (9/19)

     農林水産省は19日、イタリア・フィレンツェで17〜18日に開かれた20カ国・地域(G20)農相会合で、食料の安定供給に向けた共同宣言を採択したと発表した。世界の人口が増加する中、生産性の向上と環境負...

  • ペルー、TPP発効 (9/19)

     【サンパウロ共同】南米ペルーで19日、環太平洋連携協定(TPP)が発効した。発効は8カ国目。7月14日に国会が批准を可決していた。ペルー政府は綿のTシャツやアボカド、乳製品などの輸出に弾みがつくと期...

 あなたにおすすめの記事