ニュース

指名報酬委の活動開示義務 投資情報充実へ政府検討

2021/8/31 22:09

 経営トップらの指名や役員報酬決定のため内部に委員会を設けた企業に対し、政府が法令で活動状況の情報開示を義務付ける検討に入ったことが31日、分かった。上場企業などに提出義務のある有価証券報告書に盛り込むよう求める見通し。人選など経営の根幹を決める過程を透明化し、投資判断の材料となる情報を充実させる。

 金融庁の有識者会議で近く議論を始め、まとまれば来年夏以降に内閣府令を改正する。同報告書を巡っては、気候変動が事業に及ぼすリスクの開示も義務化される見通しだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 中国恒大、社債の利払いを延期 (9/25)

     【北京共同】経営危機に陥った中国の不動産大手、中国恒大集団が、23日が期日だった米ドル建て社債の利払いを延期していたことが分かった。米紙ウォールストリート・ジャーナルなどが25日までに報じた。利払い...

  • 農水省、コメの現物市場を検討 (9/25)

     農林水産省が生産者やJAグループ、卸業者らが広く参加してコメを取引する現物市場の創設を検討していることが25日、分かった。時々の需給を反映した透明性の高い価格を示すことで生産銘柄の選定など生産者の経...

  • ビットコインが急落 (9/25)

     【ニューヨーク共同】中国人民銀行(中央銀行)が暗号資産(仮想通貨)の関連事業を全面禁止すると発表したのを受け、代表的な仮想通貨ビットコインの価格が24日の取引で急落した。調査会社コインデスクによると...

  • NY株続伸、33ドル高 (9/25)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比33・18ドル高の3万4798・00ドルで取引を終えた。中国不動産大手、中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)へ...

  • ナスダック 24日終値     (9/25)

    <ナスダック>          15047.70       前日比  −04.54  

 あなたにおすすめの記事