ニュース

低圧遮断器でも不適切検査 三菱電機、05年ごろから

2021/9/1 17:37

 三菱電機は1日、福山製作所(広島県福山市)で製造する低圧遮断器の一部に、工場の定期検査で不適切行為があったと発表した。2005年ごろから検査時のサンプルを量産品と異なる部品を使ったり、規定条件と比べて低い電圧で検査したりしていた。鉄道車両用機器などでも不正が発覚しており、品質への信頼が揺らいでいる。

 工場の定期検査は年1〜4回行われていた。対象製品は機械装置向けの遮断器9種類で、異常な電気の流れを遮断する目的で使われる。05年から約243万台を出荷。定期検査とは別に、出荷時の検査は適正に行われていたという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  24日(日本時間 3時) (9/24)

     3時現在           1ドル=             110円18銭〜          110円19銭    前日比  −0円74銭   1ユーロ=            129円43銭...

  • 為替相場  24日(日本時間 2時) (9/24)

     2時現在           1ドル=             110円17銭〜          110円18銭    前日比  −0円73銭   1ユーロ=            129円39銭...

  • 顔の表情でスマホ操作、グーグル (9/24)

     【ニューヨーク共同】米グーグルは23日、スマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」で、カメラを使い顔の向きや表情でスマホを操作できる新機能を発表した。手が不自由で画面の操作ができなかったり...

  • NY株一時500ドル超高 (9/24)

     【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時500ドルを超えた。 経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団が22日、人民元建...

  • EU、スマホの充電器共通化へ (9/23)

     【ブリュッセル共同】EU欧州委員会は23日、スマホやタブレット端末などの電子機器の充電器規格を共通化するよう加盟国に提案した。消費者の利便性向上や不要な充電器が廃棄されて生じる「電子ごみ」の削減が目...

 あなたにおすすめの記事