ニュース

下請け企業との適正取引を後押し 経産省、経営トップら意見交換

2021/9/2 11:37
 大企業と中小企業の経営トップらと意見交換する梶山経産相(左下)=2日午前、東京都千代田区

 大企業と中小企業の経営トップらと意見交換する梶山経産相(左下)=2日午前、東京都千代田区

 経済産業省は2日、大企業が下請け企業に不当な取引価格を押しつけることを防いで、適正取引を促すためのイベントを同省で開いた。大企業と中小企業の経営トップらが参加し意見を交換。経産省は9月を「価格交渉促進月間」に位置付けており、産業界全体で適正取引への機運を高める。

 2021年度の地域別最低賃金の全国平均額は10月ごろから28円増の時給930円となる。下請けが賃金上昇分を取引価格に適切に反映できる環境整備が求められる。

 大企業側は中小との共存共栄に向けた取引方針を紹介。中小側は価格交渉の難しさや大企業への要望を表明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  23日(日本時間 2時) (9/23)

     2時現在           1ドル=             109円60銭〜          109円64銭    前日比  −0円16銭   1ユーロ=            128円60銭...

  • 台湾がTPP加入を正式申請 (9/22)

     【台北共同】台湾行政院(内閣)の報道官は22日、環太平洋連携協定(TPP)への加入について「十分な準備を終えた」と述べ、同日午後に正式申請したと明らかにした。経済部(経産省)がTPP事務局の役割を担...

  • NY株、一時300ドル超高 (9/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、前日からの上げ幅が一時300ドルを超えた。経営難に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団が発行した社債のデフ...

  • NY円、109円半ば (9/22)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比29銭円安ドル高の1ドル=109円46〜56銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1723〜33ドル、128円42〜5...

  • 日銀総裁、米中景気を楽観 (9/22)

     日銀の黒田東彦総裁は22日、大規模な金融緩和策の維持を決めた金融政策決定会合後に記者会見し、海外経済の先行きについて「米国と中国の景気が減速し、外需が弱くなるとの見通しを持つ必要はない。しっかりして...

 あなたにおすすめの記事