ニュース

介護職の6割、感染対策で負担感 新型コロナ拡大、危機切実

2021/9/2 14:48
 コロナ禍で強まった介護職員の不満

 コロナ禍で強まった介護職員の不満

 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、介護職員の6割が心理的な負担が大きく不満を抱えていることが2日、公益財団法人「介護労働安定センター」(東京)の2020年度特別調査で分かった。

 コロナ前と比べて、新たに出てきたり強まったりした不満を複数回答で尋ねると「心理的負担が大きい」が57・7%と最も多い。「利用者やその家族と感染症対策の意識に差がある」(38・7%)、「衛生備品の不足」(28・0%)と続いた。

 介護業界で働く人の方がサービス利用者に比べ、感染症対策に対して、より切実な危機感を持っていることがうかがえる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 茨城の父子殺傷で懲役24年 (9/21)

     茨城県常陸太田市の住宅に侵入し、根本昇さん=当時(89)=と次男の邦雄さん(60)を殺傷したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた、邦雄さんが経営する会社の元従業員関根幸司被告(49)の裁判員裁判...

  • 「入管の不誠実さに苦痛」 (9/21)

     名古屋出入国在留管理局に収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の妹のワヨミさんは21日、国会内で記者会見し、帰国すると明らかにした。姉の生前の様子を収めた監視カメラ映像の...

  • 107歳の双子姉妹、ギネス認定 (9/21)

     ギネスワールドレコーズジャパン社は20日、今月1日に107歳300日となった香川県在住の炭山ウメノさんと、大分県在住の児玉コウメさんの双子の姉妹を、「存命中の最高齢の一卵性双生児」と「史上最高齢の一...

  • 卓球の石川佳純選手に市民栄誉賞 (9/21)

     東京五輪の卓球女子団体で銀メダルを獲得した山口市出身の石川佳純選手(28)が21日、山口市役所を訪れ、渡辺純忠市長から市民栄誉賞が授与された。市は石川選手を市の魅力を発信する推進役の「市ふるさと大使...

  • 性暴力訴訟、二審判決は1月 (9/21)

     ジャーナリスト伊藤詩織さん(32)が、元TBS記者山口敬之氏(55)から性暴力を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が21日、東京高裁で開かれ、伊藤さん、山口氏本人...

 あなたにおすすめの記事