ニュース

米、7月の貿易赤字4・3%減 輸出増で3カ月ぶり

2021/9/2 22:17

 【ワシントン共同】米商務省が2日発表した7月のモノとサービスを合わせた国際収支ベース(季節調整済み)の貿易赤字は前月比4・3%減の700億5100万ドル(約7兆7千億円)だった。新型コロナウイルスのワクチン普及による経済活動再開で米国外の需要が拡大し、輸出が増加したことなどが要因。赤字額が減ったのは3カ月ぶり。

 輸出は1・3%増の2128億2900万ドルだった。輸入は0・2%減の2828億7900万ドルだった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 新生銀、SBI説明に反論 (9/16)

     新生銀行は16日、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に対し、SBI側の経緯説明に不備があったと反論する文書を公表した。過去に公的資金の返済案をSBIから提示されたが拒否したと明ら...

  • 為替相場  16日(日本時間20時) (9/16)

    20時現在           1ドル=             109円36銭〜          109円37銭    前日比  +0円07銭   1ユーロ=            128円68銭...

  • 五輪スポンサー効果、限定的か (9/16)

     東京五輪スポンサー企業の商品・サービスに対する消費者の購入意欲が、大会の開会直後と閉会時でほぼ横ばいだったことが野村総合研究所のアンケートで16日、分かった。イメージ向上に一役買った半面、直接的な消...

  • 鉄道車両用のイオン発生機を開発 (9/16)

     シャープは16日、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載した鉄道車両用のイオン発生機を川崎重工業などと共同開発したと発表した。既存車両に後付けできるタイプで、新型コロナウイルス流行を背景とし...

  • 33%が新卒正社員募集せず (9/16)

     厚生労働省が16日発表した8月の労働経済動向調査(年4回実施)によると、今年春に高校や大学を卒業した新卒者の採用で正社員を募集しなかった事業所は、前年同期比7ポイント増の33%に上った。厚労省は新型...

 あなたにおすすめの記事