ニュース

アリババ、1・7兆円拠出 「共同富裕」圧力緩和狙う

2021/9/3 16:29

 【北京共同】中国電子商取引(EC)最大手アリババグループは3日までに、「共同富裕」促進事業として2025年までに1千億元(約1兆7千億円)を拠出すると明らかにした。中国メディアが伝えた。共同富裕は人々が共に豊かになる意味のスローガン。巨大IT企業への統制が強まる中、アリババは巨額拠出で当局の圧力を緩めたい考えだ。

 習近平指導部は大企業や経営幹部に寄付や社会支援事業を通じ、富を再分配するよう求めている。アリババは発展が遅れている地域のデジタル化を推進したり、農業の産業化を支援したりする。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  27日(日本時間16時) (9/27)

    16時現在           1ドル=             110円72銭〜          110円73銭    前日比  −0円25銭   1ユーロ=            129円65銭...

  • 東証小幅反落、8円安 (9/27)

     週明け27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅反落した。終値は前週末終値比8円75銭安の3万0240円06銭。前週末に大幅上昇した反動から高値を警戒した売り注文が出た。一方、新型コロナウ...

  • 米、大型歳出案の縮小検討 (9/27)

     【ワシントン共同】バイデン米政権が推進する総額約3兆5千億ドル(約387兆円)の大型歳出法案を巡り、与党民主党は26日、規模縮小の検討に入った。連邦議会では超党派で別途実現を目指すインフラ投資法案や...

  • 東京株式 27日終値      (9/27)

    <225種>          30240円06銭      前日比  −08円75銭  <TOPIX>         2087.74        前日比 −03.01    

  • 新生銀、TOB延長要求を維持 (9/27)

     新生銀行は27日、同銀への株式公開買い付け(TOB)を実施しているSBIホールディングスに対し、TOB期間を12月8日まで延長するよう引き続き求めると発表した。買収防衛策の発動を諮る臨時株主総会を開...

 あなたにおすすめの記事