ニュース

東証、株取引30分延長で調整 利便性向上目指す

2021/9/3 20:28
 東京証券取引所

 東京証券取引所

 東京証券取引所が、現物株の取引時間を30分延長し午後3時半までとする方向で最終調整していることが3日、分かった。投資家の利便性を高めるのが狙いで、3年後の実現を目指す。東証が取引終了時間を繰り下げるのは、午後2時までだったのを午後3時までに変更した1954年以来。

 取引時間の延長により、システム障害が起きた際、当日中の売買再開の可能性が高まることも期待される。

 現在の取引時間は、午前9時から午後3時で、昼休みを除くと計5時間。国際的にみると、ニューヨーク証券取引所の取引時間が6時間半あるなど、世界の主要な市場と比べ取引時間が短いとの指摘があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  22日(日本時間 8時) (9/22)

     8時現在           1ドル=             109円24銭〜          109円25銭    前日比  +0円39銭   1ユーロ=            128円08銭...

  • ナスダック 21日終値     (9/22)

    <ナスダック>          14746.40       前日比  +32.50  

  • 米国、輸入規制を全面撤廃 (9/22)

     農林水産省は22日、東京電力福島第1原発事故後の日本産食品の輸入規制について、米国政府が現地時間21日に撤廃したと発表した。米国は日本の県単位で輸入停止措置を講じており、最新の規制で福島を含む14県...

  • NY円、109円前半 (9/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比16銭円高ドル安の1ドル=109円17〜27銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1720〜30ドル、128円03〜13...

  • 米、タカタ製3千万台調査 (9/22)

     【ワシントン共同】米道路交通安全局(NHTSA)は21日、リコール対象となっていない旧タカタ製エアバッグについて調査を開始したと明らかにした。トヨタ自動車やホンダなど世界約20社の2001〜19年型...

 あなたにおすすめの記事