ニュース

「流星のような首相の一人に」 仏ルモンド紙

2021/9/3 20:28

 【パリ共同】フランス紙ルモンドは3日、菅義偉首相が退陣の意向を表明したことについて「政権が短期間しか続かない、流星のような(過去の)日本の首相らの仲間となった」と指摘した。

 東京駐在記者による記事は菅氏について「新型コロナウイルス対策の迷走により不人気で、態度が素っ気なく、あまりカリスマ性がなかった」と評価。自民党内で総裁再選への支持を固められず「お払い箱になるより、自ら(勝負を)降りることを選んだ」と論じた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • パリの大聖堂、崩壊の危機去る (9/18)

     【パリ共同】2019年4月に大火災に見舞われたパリ・ノートルダム大聖堂の修復を担うフランス政府当局は18日、2年以上に及んだ建物の保全作業が完了したと発表し、大聖堂が崩壊する危険がなくなったことを正...

  • 台湾、野党主席選に低い関心 (9/18)

     【台北共同】台湾の最大野党、国民党は次期主席(党首)を決める党内選挙を25日に実施する。現職の江啓臣主席や2016年総統選の候補、朱立倫元主席ら4人が出馬したが、いずれも対中融和策の推進を表明。反中...

  • シベリア抑留の慰霊碑に献花 (9/18)

     【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストク近郊のアルチョム市で18日、戦後のシベリア抑留中に死亡した日本人の慰霊碑を現地在留の日本人らが訪れ献花した。毎夏の恒例行事だが、新型コロナウイルス禍で昨...

  • 仏高官「英は米の属国」と侮蔑 (9/18)

     【パリ共同】米英豪3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設によりオーストラリアに潜水艦共同開発計画を破棄されたフランスは17日、駐米、駐豪両大使の召還方針を発表したが、英国に言及しなかっ...

  • ロシア与党、3分の2議席微妙 (9/18)

     【モスクワ共同】ロシア下院選(定数450)は18日、3日間の投票期間で最初の休日を迎えた。世論調査に基づく予想ではプーチン政権与党「統一ロシア」の第1党の座は揺るがないものの、定数の3分の2に当たる...

 あなたにおすすめの記事