ニュース

脱炭素資源でアジアと連携 供給網を構築、政府1兆円支援

2021/9/4 15:18

 日本政府と国内のエネルギー関連企業は脱炭素化を推進するため、アジアや中東各国との連携強化を本格化させる。「脱炭素資源」のアンモニアの安定調達に向けたサプライチェーン(供給網)の構築を目指すほか、政府は約1兆円の投資枠を活用した金融支援でアジア地域の段階的な脱炭素化を後押しし、日本企業の商機拡大にもつなげたい考えだ。

 燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアや水素は発電や船の燃料など幅広い活用が期待され、電力会社などが実証事業を進めている。アンモニアの需要は2050年に年3千万トンと、現在の国内消費量の約30倍に相当する量が想定される。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  24日(日本時間 3時) (9/24)

     3時現在           1ドル=             110円18銭〜          110円19銭    前日比  −0円74銭   1ユーロ=            129円43銭...

  • 為替相場  24日(日本時間 2時) (9/24)

     2時現在           1ドル=             110円17銭〜          110円18銭    前日比  −0円73銭   1ユーロ=            129円39銭...

  • 顔の表情でスマホ操作、グーグル (9/24)

     【ニューヨーク共同】米グーグルは23日、スマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」で、カメラを使い顔の向きや表情でスマホを操作できる新機能を発表した。手が不自由で画面の操作ができなかったり...

  • NY株一時500ドル超高 (9/24)

     【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時500ドルを超えた。 経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団が22日、人民元建...

  • EU、スマホの充電器共通化へ (9/23)

     【ブリュッセル共同】EU欧州委員会は23日、スマホやタブレット端末などの電子機器の充電器規格を共通化するよう加盟国に提案した。消費者の利便性向上や不要な充電器が廃棄されて生じる「電子ごみ」の削減が目...

 あなたにおすすめの記事