ニュース

五輪パラ、被災地で思いさまざま 「何が復興に寄与したか」

2021/9/5 21:18
 帰還困難区域が残る福島県大熊町のJR大野駅付近=5日午後

 帰還困難区域が残る福島県大熊町のJR大野駅付近=5日午後

 東日本大震災の「復興五輪」を理念に招致された東京五輪・パラリンピック。「勇気づけられた」「何が復興に寄与したのか」。パラリンピックの全ての競技が終わった5日、被災地の住民はさまざまな思いを抱えていた。

 宮城県石巻市の自宅が流失した自営業小向幸也さん(50)は期間中、時間があるときはテレビに張り付き競技に見入った。「震災後に被災地を訪れた選手も多くいた。活躍する姿を見て、勇気づけられた部分は大きくあった」

 福島県浪江町でパラリンピック聖火リレーの種火を起こした陶芸家小野田利治さん(59)は「復興五輪とは全く感じなかった」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 民泊トイレに乳児遺棄疑い (9/20)

     東京都新宿区西新宿8丁目の民泊として届け出されたマンション一室のトイレに乳児の遺体を遺棄したとして、警視庁新宿署は20日、死体遺棄の疑いで、母親とみられるタイ国籍の職業不詳、ペンパナッサック・スパー...

  • 北アルプスで3グループ6人遭難 (9/20)

     長野県大町市の北アルプス槍ケ岳(3180メートル)の北鎌尾根で19日、愛知県一宮市の会社役員の男性(56)から「落石があり動けない」と110番があった。長野県警によると、3グループの男女計6人が遭難...

  • 殺人容疑で群馬の夫婦再逮捕へ (9/20)

     東京都墨田区の女子高校生(18)の遺体が山梨県内の小屋に遺棄された事件で、警視庁向島署捜査本部は殺人の疑いで、群馬県渋川市の小森章平容疑者(27)と妻和美容疑者(28)=ともに死体遺棄容疑で逮捕=を...

  • 兵庫で男性3人刺され負傷 (9/19)

     19日午前11時50分ごろ、兵庫県加古川市八幡町宗佐で「知らない人に刺された」と50代男性から119番があった。加古川市消防本部や加古川署によると、通報者を含む50歳前後の男性3人が負傷し、病院に搬...

  • 解体工事で08年もトラブル (9/19)

     静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流で、2011年まで起点の土地を所有していた神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)が08〜09年に熱海市内の別の場所で実施した社員寮の解体工事を巡り、地元住民...

 あなたにおすすめの記事