ニュース

北海道地震3年、心のケア課題に コロナ禍、住民間の交流困難

2021/9/6 17:06
 北海道地震の発生時刻に合わせて、両親と祖母が亡くなった実家跡地を訪れ手を合わせる遺族=6日未明、北海道厚真町

 北海道地震の発生時刻に合わせて、両親と祖母が亡くなった実家跡地を訪れ手を合わせる遺族=6日未明、北海道厚真町

 土砂崩れなどで44人が死亡し、国内初の全域停電(ブラックアウト)も起きた北海道地震は6日で3年。被災者は昨年退去期限を迎えた仮設住宅からの転居を終え、復興は進んでいるように見えるが、家族や友人を失った人々の傷が癒えたわけではない。新型コロナウイルス感染拡大で「密」への懸念から住民同士の交流が困難な中、心のケアが課題となっている。

 町によると、仮設住宅などに入っていた189世帯のうち、災害公営住宅に移ったのは37世帯で、85世帯が自宅に戻った。住宅の不安が解消された一方、心の傷や生活の不安を相談できる場が減り、孤立化が懸念されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 遺族、入管映像の全面開示訴え (9/25)

     名古屋出入国在留管理局の施設に収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が死亡した問題で収容者の支援団体は25日、JR名古屋駅前で、入管庁に生前の監視カメラ映像の全面開示を求める...

  • カネミ油症、国が初の健康調査 (9/25)

     西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国は8月から、認定患者の子や孫を対象にした初の健康調査を始めた。調査票で症状を聞き取る他、油症検診の受診も求め、患者に認定するかどうか判断する...

  • 障害者ほぼ終日閉じ込め (9/25)

     神奈川県立の知的障害者施設「中井やまゆり園」(同県中井町、定員122人)で、一部の入所者を1日20時間以上、外側から施錠した個室に閉じ込める対応が常態化していることが25日、共同通信の入手した園の内...

  • サンマ今季最多の水揚げ、根室 (9/25)

     サンマの水揚げ量が日本一の北海道根室市の花咲港で25日、大型船が次々と網いっぱいのサンマを水揚げした。同日の水揚げは約729トンで、1日としては今季最多の豊漁。全国の8月の水揚げ量が過去2番目の低さ...

  • 群馬防災ヘリ墜落で追悼式 (9/25)

     2018年8月、群馬県の防災ヘリコプターが同県中之条町の山中に墜落、乗員の消防隊員ら9人が死亡した事故から3年が経過、県などが25日、追悼式を開いた。遺族や県、運航委託先だった航空会社の関係者ら約5...

 あなたにおすすめの記事