ニュース

夏休み明けも休校1割超 公立小中、最大12日間

2021/9/7 21:18
 公立小中学校の対応状況

 公立小中学校の対応状況

 新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、公立学校を設置する自治体のうち、小中学校で夏休み延長や臨時休校を実施している教育委員会が10%を超えることが7日、文部科学省の調査で分かった。土日を含めない休校日数は小中いずれも最大12日で、平均は4・7日。分散登校や短縮授業は20%超だった。文科省は「学校の感染防止策を支援しつつ、今後の状況を注視したい」としている。

 公立の小中高校などを設置する都道府県・市区町村教委に8月以降の対応状況を尋ねた。夏休みの終了時期は自治体によって異なり、9月1日時点で調査。全教委の約9割に当たる1757教委が回答した。


この記事の写真

  •  文部科学省の旧庁舎の入り口に掛かる看板=東京・霞が関

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 台風16号北上、高波に警戒 (9/29)

     大型で非常に強い台風16号は28日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。10月2日ごろにかけて、南西諸島や小笠原諸島、西日本から北日本の太平洋側で、うねりを伴った大しけとなる所があり、気象庁が高波に警戒...

  • 連合会長に芳野友子氏推薦へ (9/28)

     10月に任期満了となる連合の神津里季生会長(65)の後任人事を巡り、役員推薦委員会が28日、東京都内で記者会見し、中小の製造業などでつくる産業別労働組合(産別)「JAM」出身の芳野友子副会長(55)...

  • 「働く女性」自殺増加、対策白書 (9/28)

     厚生労働省の2021年版自殺対策白書の概要が28日、判明した。新型コロナウイルス感染拡大が起きた20年の自殺の状況を過去5年平均(15〜19年)と比較、分析した結果、増加が顕著だった女性の自殺の中で...

  • 3歳児虐待死、摂津市長が謝罪 (9/28)

     大阪府摂津市で8月、新村桜利斗ちゃん(3)が熱湯をかけられ死亡し、同居する母親の交際相手松原拓海容疑者(24)が殺人容疑で逮捕された事件で、市と児童相談所が母親について「第三者からの暴力を止められな...

  • 通信制高校、文科省が抜本改革へ (9/28)

     文部科学省は、不登校経験者の生徒が増えるなど状況が変化している通信制高校の制度を抜本的に見直す方針を決めた。対面授業の義務付けを想定しており、28日に有識者会議の初会合を開いて議論を始めた。近年の不...

 あなたにおすすめの記事