ニュース

三菱商、アマゾンと太陽光発電網 国内450カ所

2021/9/7 20:23

 米アマゾン・コムと三菱商事が、日本国内に450カ所程度の太陽光発電設備を新たにつくることが7日、分かった。発電した電気はアマゾンの物流センターや多数のデジタル機器を運用するデータセンターなどに10年にわたって供給することを想定している。

 アマゾンは2025年までに事業で使う電力を再生可能エネルギーで賄う方針で、安定的に調達できる仕組みを三菱商事とともに整える。

 関係者によると、発電容量の合計は一般家庭約5600世帯の使用量に相当する2万2千キロワットの予定。発電設備は関東地方と東北地方に置く見通しだが、詳細な場所は明らかにしていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  21日(日本時間16時) (9/21)

    16時現在           1ドル=             109円58銭〜          109円59銭    前日比  +0円36銭   1ユーロ=            128円55銭...

  • 東証大幅反落、終値660円安 (9/21)

     連休明け21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落し、大台の3万円を割り込んだ。経営悪化した中国不動産大手が債務不履行を起こすとの懸念から、金融市場の不安定化や中国経済の減速が意識され...

  • 東京株式 21日終値      (9/21)

    <225種>          29839円71銭      前日比 −660円34銭  <TOPIX>         2064.55        前日比 −35.62    

  • EUが輸入規制緩和と農相 (9/21)

     野上浩太郎農相は21日の閣議後の記者会見で、欧州連合(EU)が東京電力福島第1原発事故後、日本産食品に対して実施してきた輸入規制が一部緩和されることになったと述べた。栽培キノコの産地証明書などが不要...

  • ダイハツ、10月も生産停止 (9/21)

     ダイハツ工業は21日、京都や大分など国内五つの完成車工場で9月に続き10月も生産を一時停止すると発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス流行による部品調達の遅滞が長期化しているため。8月下旬から断...

 あなたにおすすめの記事