ニュース

東京円、110円台前半 

2021/9/8 10:22

 8日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比37銭円安ドル高の1ドル=110円26〜27銭。ユーロは13銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円63〜64銭。

 前日の米長期金利が上昇したことを手掛かりに、日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買い注文が優勢となった。円売り一巡後は、目新しい材料に乏しく、もみ合った。

 市場では「米量的金融緩和の縮小が早期に始まるとの観測から、米長期金利は上昇しやすくなっている」(外為ブローカー)との声が聞かれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  20日(日本時間 8時) (9/20)

     8時現在           1ドル=             109円97銭〜          109円98銭    前日比  −0円03銭   1ユーロ=            128円95銭...

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (9/20)

     6時現在           1ドル=             109円94銭〜          109円99銭    前日比   0円00銭   1ユーロ=            128円89銭...

  • SBI、TOB期間の延長拒否へ (9/19)

     SBIホールディングスは19日、新生銀行に対して実施中の株式公開買い付け(TOB)について、新生銀が求めた期間延長に応じない方向で調整に入った。新生銀はSBIが要請を拒否した場合、導入済みの買収防衛...

  • G20農相会合が共同宣言 (9/19)

     農林水産省は19日、イタリア・フィレンツェで17〜18日に開かれた20カ国・地域(G20)農相会合で、食料の安定供給に向けた共同宣言を採択したと発表した。世界の人口が増加する中、生産性の向上と環境負...

  • ペルー、TPP発効 (9/19)

     【サンパウロ共同】南米ペルーで19日、環太平洋連携協定(TPP)が発効した。発効は8カ国目。7月14日に国会が批准を可決していた。ペルー政府は綿のTシャツやアボカド、乳製品などの輸出に弾みがつくと期...

 あなたにおすすめの記事