ニュース

アマゾン、再生エネ購入契約 三菱商事と国内450カ所

2021/9/8 10:54

 米アマゾン・コムは8日、三菱商事と再生可能エネルギーの購入契約を結んだと発表した。日本国内の約450カ所の太陽光発電設備からアマゾンの物流施設やデータセンターに電力を供給する。来年から順次稼働する。契約額は明らかにしていない。

 アマゾンは2025年までに事業で使う全ての電力を再生可能エネルギーで賄う方針で、安定的に調達できる仕組みを三菱商事とともに整える。

 発電容量は一般家庭約5600世帯の使用量に相当する2万2千キロワットの予定。

 三菱商事が太陽光発電関連の事業を手掛けるウエストホールディングスに用地の開発を委託。三菱商事の子会社を通じ電力を供給する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ユニバーサル北京が開業 (9/20)

     【北京共同】中国・北京郊外で20日、米系のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・北京」が正式開業した。米中対立の激化にもかかわらずハリウッド映画の人気は健在で、初日分のチケットは事前に完売する順調な...

  • 為替相場  20日(日本時間13時) (9/20)

    13時現在           1ドル=             109円93銭〜          109円97銭    前日比  +0円01銭   1ユーロ=            128円73銭...

  • 為替相場  18日(日本時間 6時) (9/20)

     6時現在           1ドル=             109円94銭〜          109円99銭    前日比   0円00銭   1ユーロ=            128円89銭...

  • SBI、TOB期間の延長拒否へ (9/19)

     SBIホールディングスは19日、新生銀行に対して実施中の株式公開買い付け(TOB)について、新生銀が求めた期間延長に応じない方向で調整に入った。新生銀はSBIが要請を拒否した場合、導入済みの買収防衛...

  • G20農相会合が共同宣言 (9/19)

     農林水産省は19日、イタリア・フィレンツェで17〜18日に開かれた20カ国・地域(G20)農相会合で、食料の安定供給に向けた共同宣言を採択したと発表した。世界の人口が増加する中、生産性の向上と環境負...

 あなたにおすすめの記事