ニュース

下請け買いたたきを監視、公取委 最賃引き上げ、しわ寄せ防止へ

2021/9/8 19:19
 公正取引委員会

 公正取引委員会

 公正取引委員会は8日、今秋の最低賃金引き上げを巡り、下請け企業への不当なしわ寄せを防ぐための対策を取りまとめた。下請けが人件費などの大幅な上昇に伴い、納入価格の引き上げを求めたのに、発注元が交渉に応じず据え置くことは、下請法で禁じる「買いたたき」の恐れがあるとの考え方を公表した。定期調査で監視を強化し、相談窓口も設置する。

 公取委が最低賃金の引き上げに伴う対策をまとめるは初めて。2021年度の地域別最低賃金の改定額は、人口を加味した全国平均額が前年度に比べ28円増の時給930円となる。上昇分を価格に適切に反映するよう発注元に促し、下請けを保護する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、109円台半ば (9/22)

     22日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台半ばで取引された。 午後5時現在は前日比19銭円高ドル安の1ドル=109円44〜45銭。ユーロは19銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円36〜40銭...

  • 為替相場  22日(日本時間18時) (9/22)

    18時現在           1ドル=             109円50銭〜          109円51銭    前日比  +0円13銭   1ユーロ=            128円49銭...

  • みずほシステム、国が監視 (9/22)

     金融庁は22日、システム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループ(FG)とみずほ銀行に対し、銀行法に基づく業務改善命令を出したと発表した。システムの更新や保守などに関する当面の計画を提出するよう求...

  • 中国恒大集団、社債利払い集中 (9/22)

     【北京、ワシントン共同】経営難に陥った中国不動産大手、中国恒大集団が過去に発行した社債の利払い日が集中して到来する。金融情報会社リフィニティブによると、23日は日本円で計130億円の利払い日となって...

  • トヨタ、11万台をリコール (9/22)

     トヨタ自動車は22日、事故時の自動緊急通報装置などに問題があるとして「ヤリス」「ハリアー」「アルファード」やレクサスブランドの「RX300」など39車種計11万1842台(2021年4〜8月生産)を...

 あなたにおすすめの記事