ニュース

米、7月の求人は1093万件 過去最高を更新

2021/9/9 8:16

 【ワシントン共同】米労働省が8日発表した7月の雇用動態調査で非農業部門の求人件数(速報、季節調整済み)は前月比74万9千件増の1093万4千件となり、2000年12月の調査開始後の最高を更新した。

 新型コロナウイルスワクチンの接種拡大による経済活動再開を背景に、旺盛な採用意欲を改めて浮き彫りにした。一方、採用件数は16万件減の666万7千件にとどまった。雇用の需給ギャップが大きいことを示し、人手不足を訴える企業なども目立っている。

 求人件数を産業別でみると、医療関連・社会扶助が29万4千件増え、伸びが最も大きかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  29日(日本時間 5時) (9/29)

     5時現在           1ドル=             111円47銭〜          111円48銭    前日比  −0円23銭   1ユーロ=            130円25銭...

  • 為替相場  29日(日本時間 2時) (9/29)

     2時現在           1ドル=             111円42銭〜          111円43銭    前日比  −0円18銭   1ユーロ=            130円16銭...

  • NY株、一時500ドル超安 (9/29)

     【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日終値からの下げ幅が一時500ドルを超えた。午前10時現在は前日比274・54ドル安の3万4594・83ドルをつけた...

  • 「供給制約が物価上昇圧力に」 (9/29)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は28日、議会上院の公聴会で「供給網の制約が予想以上に長引き、物価上昇圧力となる可能性がある」と証言した。高インフレが持続した場合は「物...

  • 6日のJリーグで実証実験へ (9/28)

     西村康稔経済再生担当相は28日夜の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種証明などを使ったイベントの制限緩和について、10月6日に愛知県で開かれるサッカーJリーグの試合で実証実験をする方向で調整...

 あなたにおすすめの記事