ニュース

緊急事態でも部活動が可能に 接種者、移動自粛の対象外

2021/9/9 13:33
 東京・渋谷のスクランブル交差点を歩く人たち=8月

 東京・渋谷のスクランブル交差点を歩く人たち=8月

 新型コロナウイルスワクチンの接種が進展する11月ごろを見据え、政府がまとめた行動制限緩和の基本方針最終案が9日、分かった。ワクチン接種や検査を活用し、緊急事態宣言地域でも大学などの部活動や感染リスクの高い課外活動を原則可能にすると明記した。

 方針案では、感染拡大が生じても医療の逼迫などで国民の命や健康を損なう事態を回避できれば「感染対策と日常生活の回復に向けた取り組みを両立することが可能となる」とした。

 ワクチンを2回接種済みか陰性証明があれば、緊急事態宣言下でも都道府県をまたぐ移動の自粛要請の対象外とするほか、イベント入場制限の緩和も検討するとした。


この記事の写真

  •  行動制限緩和の基本方針最終案ポイント

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 山本太郎氏、衆院選出馬へ (9/25)

     れいわ新選組の山本太郎代表が野党統一候補として次期衆院選への立候補に向け、立憲民主など他の野党と調整を進めていることが分かった。東京都や神奈川県、大阪府などの小選挙区が取り沙汰されており、具体的な対...

  • 4候補、任命拒否の撤回明言せず (9/25)

     日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否してから間もなく1年になる。学術会議側は速やかな任命を求めているが、次の首相を事実上決める自民党総裁選では討論会の主要な議題に上らず、論戦は...

  • 総裁選投票用紙「なぜうちに?」 (9/25)

     29日投開票の自民党総裁選を巡り、ツイッター上で「党員・党友じゃないのに投票用紙が届いた」と戸惑う投稿が相次いでいる。議員の支援者らを介して、本人の知らぬ間に党員登録されていたケースも発覚。国会議員...

  • 日米首脳、同盟強化を確認 (9/25)

     【ワシントン共同】菅義偉首相は24日(日本時間25日)、バイデン米大統領と米ワシントンのホワイトハウスで会談し「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向け、日米同盟を強化する方針を確認した。首相は...

  • WHO改革、台湾参加促す (9/25)

     菅義偉首相は25日午前(米東部時間24日)、米ニューヨークで開催中の国連総会一般討論でビデオ演説し、世界保健機関(WHO)改革の議論に積極的に貢献する考えを表明した。新型コロナウイルスの感染拡大を念...

 あなたにおすすめの記事