ニュース

米卸売物価8・3%上昇 8月、最大伸び率を更新

2021/9/10 21:55

 【ワシントン共同】米労働省が10日発表した8月の卸売物価指数は、モノとサービスを合わせた総合指数が前年同月より8・3%上がった。伸び率は7月(7・8%)からさらに拡大し、比較可能な2010年11月以降での最大を更新した。

 新型コロナウイルス禍からの経済再開が急速に進み物価上昇に拍車が掛かっている。前月比(季節調整済み)は0・7%上がり、上昇率は前月の1・0%から縮小した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  29日(日本時間 2時) (9/29)

     2時現在           1ドル=             111円42銭〜          111円43銭    前日比  −0円18銭   1ユーロ=            130円16銭...

  • NY株、一時500ドル超安 (9/29)

     【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日終値からの下げ幅が一時500ドルを超えた。午前10時現在は前日比274・54ドル安の3万4594・83ドルをつけた...

  • 「供給制約が物価上昇圧力に」 (9/29)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は28日、議会上院の公聴会で「供給網の制約が予想以上に長引き、物価上昇圧力となる可能性がある」と証言した。高インフレが持続した場合は「物...

  • 6日のJリーグで実証実験へ (9/28)

     西村康稔経済再生担当相は28日夜の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種証明などを使ったイベントの制限緩和について、10月6日に愛知県で開かれるサッカーJリーグの試合で実証実験をする方向で調整...

  • 転勤・単身赴任を原則廃止へ (9/28)

     NTTは28日、コロナ後の社会を見据え、経営スタイルを大幅に見直すと発表した。「職住近接」を掲げてリモートワークを基本とし、転勤や単身赴任は原則として廃止する方向で検討する。グループの全社員32万人...

 あなたにおすすめの記事