ニュース

米政権、「台湾」名称容認検討か 蔡英文政権が要請、中国反発も

2021/9/12 6:24
 米国のキャンベル・インド太平洋調整官

 米国のキャンベル・インド太平洋調整官

 【ロンドン共同】11日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、バイデン米政権が台湾の対米代表部に相当する「台北駐米経済文化代表処」の名称を、台湾側の求めに応じて「台湾代表処」に変更することを真剣に検討していると伝えた。最終的に容認した場合、「一つの中国」原則に反するなどとして中国側が反発するのは必至だ。

 同紙によると、台湾の蔡英文政権が3月、米側に名称変更を正式に要請した。米国家安全保障会議(NSC)でアジア政策を統括するキャンベル・インド太平洋調整官や国務省のアジア担当者らは変更を支持。バイデン氏が大統領令に署名する必要があり、最終決定には至っていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 台湾防空圏に中国軍機進入 (9/23)

     【台北共同】台湾国防部(国防省)は23日、中国の戦闘機など24機が台湾の防空識別圏に進入したと発表した。台湾が環太平洋連携協定(TPP)への加入申請をしたことに反発し、圧力をかけた可能性がある。 進...

  • ボーイング、豪軍向け無人機製造 (9/23)

     【シドニー共同】米航空機大手ボーイングは22日、オーストラリア北東部クイーンズランド州トゥーンバでオーストラリア軍向けの軍事用の無人機ドローンを製造する計画を発表した。CNNテレビによると、ボーイン...

  • ノーベル賞、晩さん会中止 (9/23)

     【ロンドン共同】ノーベル賞の運営団体「ノーベル財団」は23日、スウェーデンのストックホルムで例年12月10日に開く授賞後の晩さん会を、昨年に続き今年も中止すると発表した。新型コロナウイルスの流行収束...

  • 択捉島の学校で毎朝ロシア国歌 (9/23)

     【ウラジオストク共同】ロシアが実効支配する北方領土・択捉島の紗那(ロシア名クリーリスク)にある公立学校で9月の新年度から、軍出身の校長が独断で毎朝ロシア国歌を流し教員や児童ら全員に起立姿勢で静聴させ...

  • 「AUKUSは東のNATO」 (9/23)

     【モスクワ共同】23日付のロシア有力紙「独立新聞」は、米国と英国、オーストラリアの3カ国が今月創設を発表した新たな安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」について「東の北大西洋条約機構(NATO)...

 あなたにおすすめの記事